足りない頭で考えてみた~吃音持ちの意識低い系ブログ~

もはや便所の落書きレベル。意識低い系(笑)の代表格。足りない頭で必死に考えた色々な事を書いてます。

ごまおはイキナリ派です(仕事の話ね)

大学卒業したらいきなり自分でなんか始めちゃうのがいいのか、とりあえずでも会社に入った方がいいのかみたいな話あるけど、ごまお的にはいきなりなんか始めちゃった方がいいと思う。

将来的に独立してなんかしたいって思ってるなら特にイキナリ派であることをおススメする。

会社に入って身につけられるスキルなんて、自分で商売始めればあっという間に身につくYo!



だってさ、電話応対の仕方とか名刺の受け渡し方とか挨拶の仕方とか習ってどうすんのさ?
メールの書き方習って何になるよ?業界知識、商品知識を学んでそれは役に立つのかい?
その会社で働くうえでは役に立つってだけの知識ではないの?



俺は起業したいぜっっっ!!

っていう学生さん、とにかく何でもいいから商売始めよう。

まだ具体的には何にも決まってないんですぅ・・・でもいいから、とりあえずなんかしよう。
ゴミ拾ってきて売ってもいいし、それこそ空き缶集めて換金してもいい。

リヤカー引っ張って段ボール集めてみるのもいい。
そのリヤカー貸し出すなんてことしてみたっていい。


とにかくなんか始めてみる。それが一番大事。


自分で商売したいって思ってて、一番大事なことは、大企業に入って手厚い研修を受けて立派な社会人になることじゃないぞ。自ら「経営」を体感することだぞ。


間違ってほしくないのは、「よし、物を売るなら営業だな!営業力が大事だな!」じゃないんだからな。

商売をするうえで営業は大事。
物やサービスを売らないとお金にならないから。

でも経営と営業は違う。
互いに関係しあって必要なものなんだけど、経営と営業は別物。
どちらも職種だから、それぞれ求められる能力が違う。求められる結果も違う。

じゃあ何が違うのか?

それは自分でやってみればわかる。


なんか無責任で申し訳ないけど、言葉にはできないけど、経営するってどういうことなのかって感覚で分かると思う。営業と経営って違うって。




ガツガツガンガン自分で商売すればいい。会社に入らなければならないなんて誰も決めてない。
自分でやった方が絶対身につく。会社になんか入るな。