足りない頭で考えてみた~吃音持ちの意識低い系ブログ~

もはや便所の落書きレベル。意識低い系(笑)の代表格。足りない頭で必死に考えた色々な事を書いてます。

作られた人生プラン

生きてると嫌な事は必ずある。些細なことから、個人ではどうしようもできないような大きなことまで色々とある。他のことが手につかなくなるほど怒りの感情が出てきたり、どうしようもなく悲しい気持ちになることもある。

でも、自分が嫌な気持ちになるのはどうしてだろうか? どんな事に対して怒りが湧いてくるのだろうか? ということをちょっと考えて知っておくと、自分の感情の揺れに対処し易いように思える。

僕の場合は、生き方・人生に口を出されたときに強い怒りを覚えるし、人生や生き方について話し合うのを嫌だなと思う。生き方論や人生論って、結構な価値観のぶつかり合いだから、相手を納得させないと気が済まないというような言い合いになることが多いと思う。

 

僕の個人的な話をしてしまえば、よく親と喧嘩する。生き方みたいなことについてしょっちゅう喧嘩する。なぜ喧嘩してしまって、口出されるのが嫌だなと思ってしまうのかというと、相手の要望に僕が「YES」と答えるまで、堂々巡りの「家族会議」が続くからだ。

 

お前いい歳なのにまだそんなことで喧嘩してるのかよ・・・。と言われるかもしれないけど、僕もほんとにそう思う。

テーブルを囲んで家族会議をするって、遺産相続の話でもするんですか? ってレベルだと思う。

 

例えば、

「公務員の仕事って俺向いてないわ。てか公務員なろうとか思わない。」

って話そうもんなら、

「やる前から諦めるのか、お前は小さいころからあーだこーだ、中学の時もあーだこーだ高校も・・・(以下現在に至るまでの僕のダメ人間さを列挙)。」

という感じに続く。そこまで落としておいてからの、

「きっと諦めずに挑戦すればあなたは何でも出来る子なのよ、頑張ってね(ハート)自分がやりたい事をするのが一番なのよ(公務員になりたいでしょ?)」

と。うん、俺、なんで生きてんだろ…。

 

こやって、自分の人生じゃない感を強制されるともの凄く怒りがわく。勝手にワイの人生踏み荒らしに入ってくんなー! と。そして、首を縦に振るまで永遠と家族会議が続くので、もの凄く嫌な気持ちになるということです。

 

家族会議っていうか、あなたは私たちが考える最強の人生プランに賛同しなさい会議、だな。

 

そんな人生プランに賛同なんかしねーよ! ペッペッ!!