読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足りない頭で考えてみた~吃音持ちの意識低い系ブログ~

もはや便所の落書きレベル。意識低い系(笑)の代表格。足りない頭で必死に考えた色々な事を書いてます。

ポテチと言ったらカラムーチョ! コイケヤといえばカラムーチョ!

みなさんこんにちは。カラムーチョが大好きです。ごまおです。

 

身体の底から溢れ出る、ポテチへの愛。
コンソメでものり塩でもない。カラムーチョが好きです。
すっぱムーチョは引っ込んでな!!

 

 昨日の夜遅く、もうこんな時間にポテチ食べるなんてメタボまっしぐらだよ・・・なんて思いながらポテチ買いに行ったごまお。
急にカラムーチョが食べたくなって、しょうがなく近くのドラッグストアに買いに行った。

 


俺がカラムーチョ食べたくて買いに行くんじゃなくて、カラムーチョが俺に食べてほしいから買いに行くんだ、なんて意味の分からない事を言って自分の行為を正当化した。
そんなんだから一向に体重減らないんだろピザ野郎、なんて言葉は聞かないし効かない。
ピザ野郎なんて言われると、ピザ食いたくなってくるぐらいにはピザ野郎です。

 

購入したぜ!カラムーチョ! カラムーチョ万歳!

 

そんなこんなで、寒い中チャリ飛ばして買ってきてやったぜ!
どうだ! これがコイケヤが誇るポテチ、カラムーチョ様だ!!

 

 

 

あれ、小っちゃくなってね?

 

55g……
しゃーないぜ。色々あったもんな。贅沢言ってられねぇ。
こうやってカラムーチョが食べられるだけでもありがたいってもんだ。

ただ、食品会社様は値段据え置き内容量減の、実質値上げをずっとやり続けるからな。
一度売り出した物を高く売るのはとても難しいのは分かるけど、これは一時的な措置であって、量も元に戻ることを期待してます。
コイケヤさん頼んます。

 

 

 

カラムーチョ誕生秘話

僕が愛してやまないカラムーチョ。カラムーチョには誕生してから世に出るまで幾多の困難を乗り越えてきたのでした。

 

 

カラムーチョ生誕

カラムーチョは1984年に誕生しました。月日までは不明です。1984年のある日、度重なる開発と研究の末に、発売開始となったのです。
今ではコイケヤの看板商品として多くのファンがいるカラムーチョですが、発売当時は鳴かず飛ばずで全く売れなかったそうな。
ポテトが辛くてなぜおいしい? ポテトが辛くてなにが悪い? と、競合各社と顧客相手に上から目線の殿様商売で一躍人気商品となります。
おいどんは~で有名な西郷どんが亡くなった西南戦争の年に生まれた森田トミさん、通称「ヒーおばあちゃん」が影の功労者です。

f:id:h-gomao:20161014233612p:plain

トミさんことヒーおばあちゃん

 

 

改良重なるカラムーチョ

その後も一度の人気に満足することなくカラムーチョはKaizenを続けます。
「こんなに辛くてインカ帝国?」とかいうギャグですらないギャグを、当時122歳のヒーおばあちゃんに言わせる鬼畜っぷりです。
おばあちゃんが言えばどんなに冷たいギャグでも許されるという鬼畜。トミさんかわいそう。

 

 

 

スティックタイプより断然ポテチタイプ派

発売からずーっとカラムーチョってスティックタイプなんですよ。
ポテチタイプも売ってますけど、コンビニとかで見るのって絶対スティックタイプ。

僕は断然ポテチタイプです。
スティックもスティックで美味しいし、食べごたえがあっていいんだけど、僕はポテチが好きなんですね。

コイケヤさんはカラムーチョや各種ポテトチップス以外にも、ドンタコスやスコーン、ポリンキーなど超有名商品を生み出してるんですよ。
でも僕はそれらの商品をあまり食べたことがない。だって僕が食べたいのはポテチだから。
ジャガイモを薄ーくスライスして油で揚げたポテチが食べたい。
スティックでもスコーンでもドンタコスでもない。ポテチが食べたいです。

 

すっぱムーチョは黙ってな!

 

 

 

工場見学行きたい

こんなにも愛が溢れ出ているわけですよ。工場見学とか行ってみたいな~なんて思うじゃないですか。どうも工場見学やってないらしんですよ。

コイケヤ よくある質問一覧|株式会社湖池屋

でもキャンペーンとかでやる時もあるらしいね! 毎日要チェックだね!

そんでコイケヤのホームページ内にとても美味しそうな動画があるのを見つけた。

koikeya.co.jp

このページの一番下に、ポテチができるまでの動画がある。
ポテチまじ美味しそう。フライし終わった後の出来立てポテチ食べたい。

 

 

 

今日もまた食べたくなってきた・・・

あかん。食べたなってきた。

カラムーチョ―!! 食べたいよー!!
(カルビー製品も好きだなんてここでは言えない)


あ、すっぱムーチョはあっち行ってどうぞ。

 

 

 

PS.
すっぱムーチョも美味しいからね!
個人的にはデフォルトのビネガーより、さっぱり梅味がおススメ。
すっぱムーチョ本来の酸っぱさ+梅のさっぱりした酸っぱさにほのかな香り、最高です。