読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足りない頭で考えてみた~吃音持ちの意識低い系ブログ~

もはや便所の落書きレベル。意識低い系(笑)の代表格。足りない頭で必死に考えた色々な事を書いてます。

チューブタイプのニンニクやおろし生姜を使うと油はねが凄まじい件について

f:id:h-gomao:20161020234908j:plain

こんにちは。料理系男子のごまおです。
もこみちもビックリな打点の高さがウリです。オリーブオイルは多用しません。必要最低限の量が一番おいしいです。

 

さて、タイトルに書いたチューブタイプのニンニクや生姜について・・・

 

 

油はね半端ない

あれ、油はねすごくね?

自分で切り刻んだニンニクや生姜と違って、かなり水分含んでるから、はねるのは仕方ないんだけどさ。
でも、はね過ぎじゃない? 手や腕に飛んで「アチッ!」ってなるわ。
今日なんか足の甲に飛んで飛び跳ねたわ。

今のところチューブタイプの油はねを防止する方法が思いつかない。

 

チューブタイプが活躍する場面

でもチューブタイプが使いずらいってわけではない。あれはあれですごい便利。
いちいち皮つきでニンニクや生姜買わなくてもいいからね。切り刻む必要もないし。

それに、一般家庭なら常備してるかもしれないけど、一人暮らしだったりすると、よっぽどの料理好きとかでないかぎり、皮付きのニンニクや生姜を常備してることなんてないだろうし。

カレーとか煮物系とか

基本的に油を使って炒める系でなければ、チューブタイプってめちゃくちゃ使いやすい。
カレーも先に炒める段階でニンニクとかと一緒に炒めると美味しくなるけど、煮込んでる段階でチューブのニンニク入れても十分おいしい。
油に香りを付けたいとか、お肉の臭い消しで一緒に炒めたいとか、炒めるのでなければ使い勝手は最高レベルに高い。

 

チューブタイプを使うか、生の物を切り刻んで使うか

チューブタイプが活躍する場面と、生の物を切って使うかは、料理で使う用途によって違う。

香り付けならぜひ生の皮付きを

油に香り付けしたいのなら、生の物を切って使った方が断然おススメ。

油がはね無いだけじゃなくて、皮付きの生の方がしっかりと香りが出るから。

生のもと比べると、どうしてもチューブタイプは香りが弱いです。あと、微妙に味付けされてたりするしね。

香りを引き出したいなら、生タイプをよく切り刻んで使うと尚良し。
細かく切れば切るほど香りが引き立つ。

味のアクセントならチューブで代用も

ある程度炒め終わって、最後のアクセントしてなら、チューブタイプでも良い気がする。
いちいちニンニク切ったりするのはやっぱり面倒くさいし。手に臭い残るし。
カツオのたたきとか、そういうのにもチューブタイプ便利よね。切る必要なし。

 

実はニンニクや生姜は香り付けだけじゃない

一番言いたいのはこれ。タイトルから随分違う内容だけど、これが一番言いたい。

チャーハンでもパスタでもステーキでも、なんでも最初にニンニク炒めて、油に香りをつけましょうっていうけど、香り付けだけが目的じゃない。
ニンニクや生姜の香りは、全体の味を引き締める効果がある。何もいれないとボンヤリとした味になってしまうけど、ニンニクや生姜が入るだけで、「コレだ!」という味になる。

料理をしていて、なんかイマイチな味なんだよなあ・・・、という場合は、調味料を足すのではなく、ニンニクと生姜を上手く使うと、意外と上手くいく。

 

ちなみに、フライドガーリックチップは油を吸いまくってるし、香りも飛んでるのであまり使わない。
飾りつけや、食感のアクセントに使うぐらいがちょうどいい、というのが僕の感想。