足りない頭で考えてみた~吃音持ちの意識低い系ブログ~

もはや便所の落書きレベル。意識低い系(笑)の代表格。足りない頭で必死に考えた色々な事を書いてます。

戦国史(FE.ver)プレイ戦記~斉藤家の野望①~朝倉家滅亡まで

f:id:h-gomao:20161022235609p:plain

こんにちは。ごまおです。

みんな大好き歴史シミュレーションゲーム戦国史のプレイ戦記です。
とりあえず、なんとなく斉藤家でプレイしてみようと思い、「斉藤家の野望」というタイトルで暇があるときにちょくちょく上げていきたいと思います。

斉藤家でスタート、序盤の攻略

f:id:h-gomao:20161022235920p:plain


まずはスタート時。
斉藤家自体の石高は1万2000石と弱小大名もいいところ。
ただ、臣従大名家に土岐斉藤家・明智家・安藤家・稲葉家・氏家家と武将は揃っているので、序盤はやりやすい大名です。

隣接する尾張の織田家とは同盟関係、北に飛騨三木家・朝倉家、西に浅井家・六角家、東に武田家と囲まれています。
さて、どう攻略していこうか・・・。

 

まずは美濃統一と近江の京極家攻略

まずは美濃統一と、近江の京極家攻略を目指します。
美濃国内には敵対する遠藤家・東家が残っており、この2家を優先的に排除する方向でいきます。それと並行し、中盤以降の近江進出を見越して拠点を作るために、近江の京極家を攻略します。
ちなみに、信濃に隣接する両遠山家は2ターン目ぐらいに勝手に同盟破棄してくるので、破棄されたらちゃちゃっと攻め込みましょう。攻め込めば従属なり臣従なりしてくるので、美濃統一は簡単に進みます。
両遠山家を従属or臣従させたあたりで武田家から同盟交渉があるので、これを承諾。
京極家と遠藤家・東家の攻略に力を注ぎます。

 

その後越前の朝倉家攻略へと

序盤から力のある織田家や武田家、六角家とやりあうのは得策ではないので、朝倉家攻略を目標とします。
朝倉家攻略が終わったころには100万石も見えてくるはずなので、だいぶ楽に進められるはず。
美濃統一→朝倉家攻略という形で進めたいと思います。

 

 

美濃統一

f:id:h-gomao:20161022235938p:plain


1551年8月、スタートから1年半ほどで美濃統一しました。
浅井家と同盟を組み、本格的に朝倉家攻略に乗り出します。

 

余裕があったら岩倉城と飛騨攻略も

美濃統一を進める中で、余裕があったら飛騨攻略と尾張の岩倉城も落としておくと、のちのち楽になります。
飛騨攻略は越中侵攻の足掛かりに、尾張岩倉城は対織田家・今川家の最前線拠点とします。
尾張領は経済力があって、石高も高いので手に入れておきたいんですよね。
織田さんは今川さんと三河国境で頑張ってね!

美濃を統一する頃には、両遠山家に加えて、木曽家・飛騨三木家と臣従させられる可能性が高いので、余った武将を上手く使えば飛騨攻略も簡単です。
飛騨の城はまだ序盤ということもあって、兵糧も多くないのでじっくりと兵糧攻めでもして落としていきましょう。
だいたい半年~10か月ぐらいで落とせます。

 

 

越前攻め 対朝倉家

f:id:h-gomao:20161023000000p:plain


画像は1552年9月時点。
すでに越前へ侵攻し、朝倉家の城を幾つか落としています。
斉藤家は斉藤道三の智謀が10と最高ランクなので、多少兵が少なくても気にせずガンガン行きます。
ついでにこの頃に飛騨統一も完了。
飛騨攻めに回っていた武将もすべて対朝倉家に回します。

 

 

朝倉家滅亡

f:id:h-gomao:20161023000016p:plain


1553年2月、朝倉家滅亡。
越前を手に入れたことで、斎藤家の石高は54万7000石となり、臣従大名家を含めた石高は100万石を越えました。
ここまでくれば、毎月の兵補充も順調に進むので、楽になってきました。

越前に残る堀江・溝江両家を倒し、いよいよ加賀の本願寺と事を構えます。

 

 

越前統一 対本願寺

f:id:h-gomao:20161023000027p:plain


この後は本願寺家が収める加賀を手に入れるべく侵攻を開始します。
また、越中の城主斉藤家を臣従させ、そこから越中侵攻を始めようと企んでます。

 

 

この後の進め方(予定)

このまま加賀・能登越中と侵攻し、越後の上杉領までなだれ込みます。
おそらく適当なところで上杉家から従属or臣従となるので、臣従させたところで信濃の武田家と序盤戦最初の大一番を迎えます。

 

今回の戦国史はここまで。

次回は未定。気が向いたらプレイしてアップします。