読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足りない頭で考えてみた~吃音持ちの意識低い系ブログ~

もはや便所の落書きレベル。意識低い系(笑)の代表格。足りない頭で必死に考えた色々な事を書いてます。

時間がない!でもダイエットしたい!効果が出るダイエットの考え方

昨日に引き続き、ダイエット関係の話しを。

 

仕事してたり何か予定があったりすると、ダイエットする為の時間ってなかなか確保できないですよね。
そもそもダイエットは前向きな気持ちで取り組むことが難しい。ただでさえ時間がない中で、ダイエットのために時間を割くのは相当な根気がいります。

そこで、時間がない中でも確実にダイエットに取り組める方法をまとめてみました。

 

 なりたい理想像を明確にする

ダイエットをするにあたって、まずはなりたい理想像を明確にしましょう。
体重-○kg! という目標もいいですが、なぜダイエットをしたいのか、ダイエットをした結果どういう自分になりたいのか、を明確に持つことが重要です。

例えば、ポッコリ出張ったお腹を引っ込めたい、と思ってとします。
そしたら、ポッコリお腹を引っ込めてどうなりたいか? という結果の部分を描きましょう。女の子にモテたい、スーツを格好良く着こなしたい、色々あると思います。

ダイエットをしたい理由と、ダイエットをした結果どうなるのかを決めることで、取り組む姿勢が大きく変わります。

僕の場合は、出っ張ったお腹を引っ込めたいというのが理由。そしてダイエットして得られる結果が、格好良くスーツを着こなせると女の子にモテるです。
自分の欲求を全面にだして、モチベーションが燃えるような理想像を描きましょう。

 

常に理想の自分を意識する

なりたい理想像が決まったら、常に理想像を意識するようにしましょう。

こんな体系になりたい、こんな洋服を着こなしたい、目に見える形で目標を意識します。
例えば、憧れのモデルさんや俳優さんの写真とかを目に見えるところに貼っておいたり、引き出しから出してきた履けなくなったジーンズを手に取ってみるなんかが効果的です。
自分の頭に、なりたい理想像を焼き付ける感覚でやりましょう。

僕は元サッカー選手の中田英寿さんみたいな身体になりたいと思っています。スマホの待ち受けにして、いつも見れるようにしています。

 

ダイエットの基本方針は食事制限+運動

ダイエットの基本方針は食事制限+運動です。
運動だけとか食事制限だけでは僕の経験上途中で挫折する可能性が非常に高いです。

どちらも上手く取り入れてハイブリットでやることで、結果も早くでてきます。

 

ダイエットには食事制限が威力を発揮する

ダイエットには食事制限がとてつもない威力を発揮します。

皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが、体重が減る仕組みは

「摂取カロリー」-「消費カロリー」で表されます。
消費カロリーが摂取カロリーより多ければ、体重は減っていくのです。
消費カロリーを増やすには有酸素運動をしたり、基礎代謝を上げるための筋トレをする必要がありますが、運動って総じてきついものです。ある程度やりこまなければ、そう簡単に消費カロリーをあげることはできません。

ならば摂取カロリーを減らすことで、体重減の公式を達成しましょう。
食事制限といっても絶食するとか極端な糖質制限をする必要はありません。
いつも食べているご飯の量を見直して、必要以上に食べ過ぎていないか? と気を付ければいいだけです。

ご飯が大好きで一回の食事で2杯も3杯も食べてないか? ついつい大盛りにしてしまっていないか? 極端な早食いをしていないか? というあたりを見直してみましょう。
必要以上に食べていたという方は、これを見直すだけで簡単に効果が出ます。

 

運動の必要性

食事制限をしているから運動しなくてもいいかといえば、そうではありません。

よく体重だけに着目してダイエットをしてしまいがちですが、私たちがダイエットをする目的は何だったでしょうか? スタイルが良くなりたいとかモテる身体になりたい、というのが根底にありましたよね?

ならば運動は必須です。運動なきダイエットは必ずリバウンドを引き起こします。そして、体重は減ったけどもダラッとした、メリハリのないボディになってしまいます。

キツイ筋トレやランニングを無理にやる必要はありません。体型を維持する、メリハリをつける程度でかまわないので運動を取り入れましょう。
体重だけに目を奪われては目的を達成できません。ダイエットはボディメイキングであると考えましょう。

 

まとめ

結局最後まで具体的な運動方法や食事制限方法は書きませんでした。期待外れでしたか?

でも、理想像を明確にする、食事内容に意識を向ける、ちょこっと運動してみる、ダイエットはボディメイキングだ、という4点を意識するだけで、今まで挫折続きだったダイエットは必ず成功します。

なんとかダイエット法とかそういうのに気を奪われる前に、もっと根本的なことを意識しましょう。それだけで明日からのダイエットライフは成功へと近づくのです。

体重の増減だけがダイエットの成否ではありません。理想の自分像になるために、これからも自分に優しくダイエットに取り組みましょう。