読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足りない頭で考えてみた~吃音持ちの意識低い系ブログ~

もはや便所の落書きレベル。意識低い系(笑)の代表格。足りない頭で必死に考えた色々な事を書いてます。

山梨県の温泉旅館が、タイ人宿泊客を会議室に宿泊させた件について思うこと

山梨県のとある旅館で、宿泊にきたタイ人の女性が、部屋ではなくパーテーションで仕切った会議室に案内されたと、ネットニュースやワイドショーで取り上げられている。

今朝のワイドショーを見ての感想だが、風評被害だと言う旅館経営者と、ネットは悪い話は直ぐ広まるから怖いね、というコメンテーターに違和感を感じた。

海外宿泊サイトが間違ったのだからこちらは被害者、ネットでは負の側面が大きく取り上げられる、と。

 

いやいや、違うでしょ。

 問題はそこじゃないでしょ!!! と思うのは僕だけだろうか。

 

とりあえず分かりやすく今回の経緯をまとめると

  1. 海外の宿泊予約サイトが一人3000円の会議室宿泊プランを、誤って同じ3000円プランの和室宿泊の画像を載せてしまう
  2. 和室宿泊だと思って来たタイ人。会議室に案内され予約した部屋と違うと言う
  3. 旅館がサイトに確認し、記載画像が間違っていたことがわかる
  4. 海外サイト側が間違いを認め、和室料金との差額を払い、当初想定していた部屋に泊まれる
  5. めでたしめでたし

 

つまり、旅館側が偽物の写真を使って意図的に宿泊客を騙したのではない、ということだ。
間違えたのは海外の予約サイトであり、会議室なんかに泊めるなんて、と非難される我々は被害者なのだと経営者は言う

旅館も被害者なのか? こうしてニュースに取り上げられることは経営者の言うように風評被害なのだろうか?

 

僕はこの件に関して、旅館側にも非があると思っている。もちろん間違えたのは海外の予約サイトであって、その部分には旅館からアクションを起こすのは難しいというのは分かる。それでも、旅館が悪い。

まず、会議室をパーテーションで仕切ってベッドを入れただけの部屋を、宿泊する場として提供するそのサービスを疑う。
どうやら旅行代理店から、外国人旅行客向けに部屋を増やしましょう、格安プランを作りましょう、ということで会議室利用のプランを作ったようだ。
しかし、部屋に鍵がない、会議室をパーテーションで仕切っただけ、という作りで、寝泊まりする場として十分なサービスが提供できると思っていたのなら、申し訳ないが経営感覚が欠けているのではないかと思ってしまう。


宿泊プランは「Standard Japanese Style Room」だ。
スタンダードとは一体何を指しているのか? 会議室に寝泊まりするのが日本のスタンダードなのか?

 

 

こんなサービスを提供するなんてバカだな、と率直に思う

会議室を寝泊まりする場としてサービス提供する考え方が残念だなぁ。

外国人宿泊客の増加で部屋が足りなかったのかもしれないし、なんとかして取りこぼしが無いように宿泊客を入れたかったのかもしれない。

そうだとしても、この選択はバカだと思う。
このプランを提案した代理店の担当者も、それを受け入れた経営者もどうなのよ? こんなのサービスじゃないよ。

中には海外の格安宿はもっとヒドイ環境だからこれくらい大丈夫、と思う人もいるかもしれない。
たしかに海外の安宿はスゴイ。ヤバい意味でスゴイ。旅館の会議室に泊めてもらった方が遥かにマシ、というレベルの安宿なんてゴロゴロある。
しかしそれは、旅行者が海外の格安宿に過度な期待をしていないから成立することだ。
日本に旅行に来るということは、どこに行っても素晴らしいサービスを受けられると思って来ている。3000円の格安プランでも、(自国の格安宿と比べて)いい部屋でいいサービスが受けられると思って来ている。サービスに対しての期待値が高い。

その期待を裏切るこのサービスは、どう言っても旅館側の責任じゃないだろうか。

外国人客で旅館に泊まりたいっていう層は、畳があって窓から庭園が見えて、みたいな和風の雰囲気を味わいたいんじゃない? だったらいくら予約サイトの間違いだったとしても、会議室利用のサービスを提供した時点でそれは間違いだったってことになるんじゃね? ということ。

 

コメンテーターも突っ込むところ間違ってない?

放送された中には経営者のインタビューもあった。経営者は「ネットの怖さを知った。風評被害だ」と言っていたのだが、この件に関するコメンテーターの言葉に驚いた。(経営者の認識にも驚いたが)

 

コメンテーター「ネットではマイナスの感情は大きくなって直ぐに拡散されますからね」

 

つまり、旅館側が外国人客をターゲットに適当な(と僕は思う)サービスを展開したことは特に突っ込むところは無いということかな?

そして、今回のような口コミが一気に広がるネットという世界が怖い、という感想しか抱かなかったわけだな?

 

僕の狭い価値観と経験だけど、海外から見た日本って凄く特殊な国に捉えられてる。

良いサービスを受けたかったら金払え、ってのがスタンダードなんだけど、日本は金額とサービスの差があまりないもんね。
そりゃあ3000円のコースと10000円のコースでは出てくる料理も部屋のランクも違うさ。でも3000円でも驚くぐらい至れり尽くせりのサービスを受けられる。僕たち日本人からすると当たり前のサービスだったとしても、海外の人からするとこんなにサービスしてもらえるのか!? と驚くぐらいのおもてなし。

日本に来る外国人旅行客には少なからず日本的なサービスを体験したいという思いもあるだろうから、そもそも会議室を宿泊場所として提供するという考え自体に問題があったんじゃないかな? と思う次第です。

コメンテーターはそこを疑問に思うことはないのだろうか?

 

これ、あまり騒がれてないけど、結構ヤバいんじゃね? と思ったごまおでした。