読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足りない頭で考えてみた~吃音持ちの意識低い系ブログ~

もはや便所の落書きレベル。意識低い系(笑)の代表格。足りない頭で必死に考えた色々な事を書いてます。

早起きを習慣づける

こんばんは、ごまおです。

最近始めた仕事がとても朝が早いため、強制的に早起きになってます。

早い日は5時半から仕事が始まるため、始業時間に間に合わせるために4時起きがデフォになってます。もちろん遅番の日は10時過ぎからなのでゆっくり寝ようと思えば寝れるのですが・・・
でもせっかく早起きする機会があるので、継続的に4時起きを実践したいですね。
昔から「早起きは3文の得」と言うので。

 

そこで、今回は私が実践して身に付けつつある、早起きの為のコツを幾つか紹介したいと思います。

 

 

早起きするための大前提

早起きしたい、朝の時間を有効に使いたい・・・

人生で一回ぐらいは早起きしたいと思ったことはありませんか?
ビジネス書やビジネス誌に早起きのメリットがたくさん書かれており、デキる人は皆早起きだ! みたいなことを目にすることも多いと思います。

仕事のスキルアップや、語学の習得を目指して、なんとか時間を作れないか? と苦戦している方も多いのではないでしょうか。

かくいう私も今まで何度も早起きにチャレンジしてきては挫折してきました。一回早起きできても、その後が中々続かないんですよねぇ。

早起きのテクニックやコツは色々なところで手にすることができますが、あまり触れられていない早起きの為の大前提があります。それは何でしょうか?

 

早寝は絶対。早寝と早起きはセット

早起きをするための大前提、それは「早寝をすること」です。

えっ、普通・・・と思った方、たしかにありきたりすぎる事で、早起き情報の新鮮味も斬新さもありません。しかし、あまりに普通のこと過ぎて、この大前提を無視していることが多々あります。当たり前すぎて早寝に触れらることもありません。

早起きをするには早寝をする、この当たり前の大前提を守ることで、明日からの早起きライフが習慣付きやすくなります。

考えてみればなんてこともない。朝5時に起きたいのに、3時に眠りについたら起きられないのは言うまでもありません。
個人によって必要な睡眠時間は異なりますが、起きたい時間から逆算して、5~7時間の睡眠を確保するように早寝を意識しましょう。

 

適度に疲れている

早寝をするためには、適度に疲れ、リラックスしている必要があります。
私がニートだったころは、毎日12時ごろには寝ようと思って布団に入っていました。しかし結局寝付けなくて、寝れるのは3時ごろ。なにか仕事をしていたわけではありません。エロ動画漁っていたわけでもありません。
とにかく寝れない。身体や脳みそが疲れていないので、布団に入っても寝れないのです。

日中仕事をしていて帰ってきたらクタクタ、何かする時間が欲しいけど疲れていて時間を作れない、という方は早寝早起きを習慣づけるチャンスです。
早起きをするための大前提である、早寝をすることが容易にクリアできます。

とにかく早起きには早寝すること。これほど大事な、且つ、見過ごされている大前提はありません。早寝と早起きはセットです。

 

早起きの実践テクニック

大前提は分かった。けどそれだけじゃなかなか実践できない、やり方を教えろ。というわけで、実際に私が早起きを習慣づけるために行ったことをまとめてみたいと思います。

早起きもちょっと気をつけるだけで、簡単に習慣化することができますよ~。

 

タイマーで部屋を暖かくしとく

最近は寒い日がずっと続いています。寒さは早起きの大敵です。
せっかく目が覚めたのに、寒いからもうちょっとだけ布団中にいたい~なんて思ってるうちに二度寝、なんて経験ないですか?

今の季節、朝は寒いんです! そして、寒いと布団から出れないんです! これはもうしょうがない。寒いもんは寒い。

なので、起きる予定時刻のちょっと前に暖房がつくようにセットしておきます。
暖房が付いていても寝起きは相変わらず寒いのですが、何も暖房がついていない極寒のなか布団から出ることと比べれば天と地の差。

30分ぐらい前からつくようにセットしておくと、起きた時には部屋が暖かくなっていて、布団からも出やすくなりますよ。

 

太陽光が入ってくるようにカーテンを開けとく

これはどちらかというと夏向きなのですが、太陽光が入ってくるようにカーテンを開けておくのも良いです。

人間の身体は、太陽光を浴びることで体内時計のリセットを行います。そして、そのためには非常に強い光が必要になるのです。部屋の電気では到底足りません。
夏場など日の出が早い時期はぜひ太陽光を取り入れましょう。太陽を見ることで、眠っていた身体も一発でシャキッとします。

 

目が覚めたらOK!、じゃない!

アラームが鳴った、自然と目が覚めた、となっても早起きは成功しません。

目が覚めたら布団から出ること、これが早起きするために非常に重要な事です。
私は二度寝してしまう恐怖があるので、布団から出て、両足で立ち上がることを重要視しています。

目が覚めるだけなら大量にアラーム鳴らしておけばある程度は起きれるんです。でも続かない、二度寝してしまうというのは、結局ココに原因があります。

目が覚めただけではダメ。両足で立って初めて早起きできたということになります。

 

早起きする目的を決める

早起きしたとしても、その後なにもやることがなければ意味がありません。
結局二度寝してしまうか、継続的に早起きをすることはできなくなるでしょう。

早起きするなら、朝早く起きてその時間に何をしたいか? と考えておく必要があります。勉強したい、副業を進めたい、運動したい、読書したい、目的は様々あると思います。

早起きする目的は一つでかまいません。なにか目的をもって早起きに取り組みましょう。

 

簡単な事を習慣化する

そして、早起きを習慣化させるために、起きたら最初にすることを決めて習慣化しましょう。
顔を洗う、歯を磨く、白湯を飲む、水を飲む、なんでもいいです。とても簡単なこと、これできなかったら人間として終わってる、というレベルの事を習慣化するようにします。

なぜ簡単なことでいいので習慣化させるのかいうと、人間は新しい習慣を身に付けようとすると、今までの生活を守るために、新しい習慣を失敗させようと抵抗するようにできています。

ただでさえ早起きをするという挫折率ブッチギリ1位の難習慣を身に付けようとしているのです。脳みその抵抗力は半端なもんじゃありません。
なので、早起きをしたらすぐに取り組むこととして、できなかったら人間として終わってるレベルの超イージーな行動をするのです。

早起きしたあと何がしたいのか、が大事と言いました。でも実は勉強するとか運動するとかってめちゃくちゃ難しいことだったりします。
なので、その難しい事をするまえに、超簡単なことを習慣化させてしまいます。

難+難 の組み合わせでは挫折してしまいます。

難+易 の組み合わせで取り組んだ方が簡単です。慣れてきたら、

難+易+難 という風に、やることを増やしていっても良いでしょう。

まずは口をゆすぐ、みたいな簡単はことでいいので習慣化させてしまいましょう。

 

 

というわけで、私の早起き話でした。
役に立ったかわかりませんが、私はこれでなんとか早起きする習慣が身に付いてきました。たぶんこれからもこの生活を続けると思います。

 

しかし本当に早起きって気分いいよ。
今は時期が時期だから朝4時なんてまだ真っ暗だけど、だーれも人がいない。車の通りもない。ホントに自由時間だ! って感じがする。

ぜひ皆さんにも早起き習慣を身に付けてもらいたいです。朝はハッピーな気持ちになれるよ。