足りない頭で考えてみた~吃音持ちの意識低い系ブログ~

もはや便所の落書きレベル。意識低い系(笑)の代表格。足りない頭で必死に考えた色々な事を書いてます。

吃音者には辛い季節がやってきました。あの忌まわしい自己紹介の時間ですよ

久しぶりにブログ書きます

 

僕自身、最近はどもりの事を気にすることがほとんどありませんでした。

仕事柄誰かと話す機会なんてないし、電話取ることだってない。せいぜい家族と話す時に盛大にどもるぐらい。
でも家族と話すときなんて、どもることなんて気にもしないし。

そんな状況だったんで、相変わらずどもりまくってるのに、自分が吃音者だったなんてことすっかり忘れてました。

 

でも最近Twitter見てたらさ、結構悲痛な叫びがTL上を回ってくるじゃない?

 

そうよ、新しい季節・出会いの季節には自己紹介が必ずついて回るのよ。

自己紹介は何歳になっても辛いよね。特に幼いころから自己紹介で良い経験したことなんて一度もないからマジで辛い。
入社式のことや始業式のこと考えると、マジで仮病使って休もうかなとか思う。

ちなみに僕は中学2年の始業式と高校2年の始業式はズル休みした。原因不明の頭痛と熱が出てねぇ・・・(仮病です)

 

 

自己紹介の時に吃音のことカミングアウトするべき?

これ、結構みんな悩むんじゃない?
これから仲間になる人たちの中には、吃音の事なんて知らない人の方が多いだろうし、仕事で働くのであればやっぱり知っておいてもらいたいし、できれば配慮もしてもらいたいし。

だから吃音のことはカミングアウトして、自分は吃音者なんですって知ってもらうべきじゃないだろうか?みたいな。

 

僕の経験のことを話すと、カミングアウトできるのならばしてしまった方がいい。

精神上スッゴイ楽になる。

胸のつかえというか、なんか隠し事してるっていう後ろめたさがなくなるから。
それに自分の最大のコンプレックスをさらけ出すことで、なんか俺無敵じゃね?みたいな謎の万能感に満たされる。いや、マジで。

吃音をカミングアウトするっていうのはめちゃくちゃ勇気のいる行動だけど、できるならやっといて損はない。だからできるならやるべし。

 

でも、カミングアウトすることで周りにどう思って欲しいのかってのはちゃんと考えなきゃいけない。特に社会人の方。

 

カミングアウトしてどうして欲しいの?

カミングアウトするとしよう。それはとても良い事だ。
その勇気ある行動は称賛に価する。今後の人生に必ず+の結果をもたらすだろう。

 

でも、何が動機でカミングアウトすることにした?

吃音があるとういことを理解してほしくて言ったの?それとも、吃音があるから業務上の配慮をしてほしくて言ったの?

 

学生さんだったらあまり考えなくていいけど、社会人の方であれば深く考える必要がある。

もしカミングアウトした動機が前者ならいいけど、後者ならそれはほとんどが無残に打ち砕かれると覚悟しておいた方がいい。

 

吃音だから電話が取れない?は?じゃあ練習しろや

 

これが全てだ。

 

目に見える障害であれば相手も配慮しやすい。気遣ってあげることもできる。

でも、吃音は目に見えない。同じ吃音という悩みを抱えている者同士でなければ分からない苦しみというのがある。
これは何も吃音に限ったことではない。難病を患っている方達や様々な障害を抱えている方達も同じではないだろうか?

いくら相手に吃音で苦しんでいることを伝えても、吃音がどんな障害なのかと言っても、当事者でなければ分からないことばかりだ。

きっと会社の人たちは善意で

「電話取るの緊張するよね、初めは私もそうだったけど慣れれば大丈夫だよ!一緒に練習しようね!」

と言ってくれる。

違う、違うんだ、練習云々の次元じゃないんだっっ!!!

と言ったところで、吃音当事者以外にはこの叫びは届かない。

 

相手には悪気はないさ。一生懸命できるようになる方法を考えてくれての言葉さ。

でもよ、他人ってこんなもんだぜ?

 

もしカミングアウトすることで何かしらの配慮をしてくれるかも?と期待を持っているのならば、それは早々に捨てた方がいい。

会社に入ってまうと、自分の都合ではどうにもならないことが次々に降ってくる。

 

難しい問題よ吃音は。

たぶん社会人やってる吃音の人たちはみんな悩んでるさ。
電話が鳴るたびに心臓は跳ね上がるし、なにかプレゼンしなきゃならない時なんて数日前から生きた心地がしない。

 

でもよぉ、受け入れるしかないんだよなぁ・・・

吃音を持って生きているってことは、そういう困難に直面することがあるってことをさ

 

 

 

だからといって人生に絶望しちゃいけない。

吃音で辛いときは頭の中はそのことだけでイッパイだろうけど、吃音も意外と悪くねーな、なんて思える日がくるかもしれないぜ?

そんな風に思えたらもう人生はこっちのもんよ。今まで最大の敵だった吃音が、味方に付くわけだからな。

ジャンプでよくある滅茶苦茶強い敵が仲間になる、みたいな安心感。(仲間になった後は微妙なポジションになるけど)

 

とりあえずアレだ、吃音のことなんか気にすんな(笑)

そんなこと気にするよりも、仕事覚える事気にしろ

なんだかんだ言って、電話が取れなくても喋りが微妙でも、一生懸命やってる新社会人は可愛がられるぜ。アイツ不器用だけど一生懸命だよな、って。

 

 

 

新社会人頑張れよ!学生さんも頑張れよ!

 

人生は思ってる以上に色とりどりで 鮮やかな世界なんだぜ!