足りない頭で考えてみた~吃音持ちの意識低い系ブログ~

もはや便所の落書きレベル。意識低い系(笑)の代表格。足りない頭で必死に考えた色々な事を書いてます。

【オナ禁4日目】原因を知り、対策を練る。敵を知り己を知ればなんちゃら。

今日で4日目となった。

実は今日、強烈なムラムラに襲われた。
(仕事が休みで家に居たという事も関係してるかもしれない)

 

昨日までは特に何もなかったのだが、急に波が押し寄せてきたような感じだった。

 

頭の中にはエロい妄想が駆け巡って、いくらその思考を鎮めようとしても次から次へと妄想が広がった。

 

 

しかし、耐えることができた。

これも今まで幾度となく失敗してきた経験から学んだ結果だろう。

 

5月の末からオナ禁に挑戦し、何度も失敗してきた。
最高記録はたしかスタート時の12日間ぐらい?だった気がする。

その後は2~3日程度のオナ禁とリセットを繰り返して今に至っている。

 

 

失敗は悪か?失敗は必要か?

さて、失敗することは悪いことだろうか?

 

俺はそんなことは思わない。

しかし多くの人は失敗はしてはいけないと考えがちだ。
あるいは、何回までは失敗しても良いが、それ以上はいけない、

と無意識のうちに失敗回数に制限を設けてしまっている。

 

 

本来、失敗に回数制限なんてない。何度失敗しようが、最終的に成功すればいいのだ。

 

では、もし仮に失敗してしまったときはどうすれば良いのだろうか?
ここでは、オナ禁に挑戦していたのにリセットしてしまったということを失敗として想定する。

 

 

この時の正しい行動は、リセットしたことを悔やむことでも意志の弱い自分を責める事でもない。
正解は、抜いてしまった原因を突き止め、同じ状況にならないように対策を練ることだ。

 

今日、強烈なムラムラが襲って来たと初めに書いたが、俺はそれに耐えることが出来た。なぜかと言えば、抜いてしまう原因を過去の失敗から学び、その対策を考えて実行したからだ。

 

 

 シンプルだが効果は絶大

まず第一にエロ禁は必須だ。
欲望の力は計り知れない。理性を以て欲望と戦っても、ほとんど勝ち目はない。
オナニーしない、なんていう理性は、抜きたい!という欲の前では無力だ。

そもそもエロい事を想起しないこと。そのためにエロ禁を徹底する。

 

第二に、息子を触らないこと。

これは俺の失敗してきた経験なんだけど、勃った息子に手を伸ばした瞬間、その瞬間にオナ禁は9割の確率で失敗する。

ほんのちょっとだけ、出さないから大丈夫、なんて思っていたって、擦り出せばあっという間に理性は飛ぶ。
触った瞬間に終わる。

だから触らない。

 

たったこれだけ。

他にも筋トレするとか瞑想して心を落ち着かせるとかあるけど、
最も効果があるオナ禁継続方法は、上記の二つだと思う。

 

ついでだが、先月からオナ禁と並行して始めた習慣に
禁煙・筋トレ・瞑想・造顔マッサージの4つがある。

 

オナ禁だけ継続に苦労しているのだが、その他の4つは見事に続けてやれている。

 

特に、筋トレと瞑想はオナ禁との相性がバツグンだと思われる(オナ禁の先輩たちがそう言っている)ので、オナ禁が上手く継続出来たあかつきには、それらの習慣についても書いていきたい。
いや、書きたい。

 

その為にも、オナ禁やるべし。継続するべし。

 

 

(今日の文体は、決して賢者モードで書いているってわけではないからね!)